ネコヤンブログ

40代専業主婦ネコヤンの日常と思い出話、日々の思いを綴ります

え⁉︎このタイミングで⁉︎ ぼんちゃんお外で初気張り。せめて違う環境なら良かったのに。

こんにちは、ネコヤンです。もうすぐ11月ですね。一年過ぎるのが年々早く感じるようになりました。

ぼんちゃんもスクスク育って今は6.5キロまで体重も増えました。 (大きいのか小さいのかよくわかりませんが) そんなぼんちゃんのお話を一つ。

ぼんちゃんの気張り方

ぼんちゃん、大きいのを気張る時かなり大きめの声で気張ります。 そしていつもと違う低めの声で

「ふんっっっっーーー!」 「んんん〝ーーー!」と…。

(失礼ながらまるでおっさんのように)

赤ちゃん特有の真っ赤な顔をして、二重アゴになりながら、そして何故かほうれい線も出ます(笑)

そしてオナラも盛大にかまします。それは赤ちゃんのご愛嬌というところですが、娘ちゃんの時とは比べものにならないあの勢いの良さ…

男の子と女の子ってこんな所にも違いが出るのかな?と思うほど違いますね。(うちの子特有なのかもしれませんが…)

私達家族はそんなぼんちゃんの姿を微笑ましく見ていました。 でも今までは家の中でしかしていなかったので油断してました。

静かな場所

1日1回必ず大きいのをしてくれるので安心ですが、その日はまだしてなかった。

ミルクを飲ませ、外に用事があったのでぼんちゃんの用意をして出かけた。

上機嫌で外出。ぼんちゃんとルンルンで目的地までベビーカーを押して移動。

着いた目的地は新しく出来た市役所の別館。 家の近くにできたので便利になりましたが、中々利用する事もなかった。なので今回で2回目くらい。

久しぶりの訪問で少し緊張しました。

本館と別れたので訪れる人もまばら、番号札をもらい、どこに座ろうか席を探します。ベビーカーも入れる所をとウロウロする私。

人がまばらなため、とても静か。ほかの人達もまだ慣れていないため緊張気味で、誰も話さない。職員さんの説明の声だけが響く館内。

席を見つけて座ろうとする前に呼ばれ、そのまま受付まで移動。 気をきかせた職員さんが椅子を一つよけて下さり、ベビーカーを私の横につけて座りました。

色々話を聞いて、職員さんが書類を取りに行った時にそれはやってきました。

盛大に

泣かずに大人しく待っているぼんちゃん。 「静かだね〜。でもぼんちゃん、かしこいね〜。もう少しだからね」と声をかける。

ニコッと笑い返してくれるぼんちゃん。 「可愛い〜。」と思いながら職員さんが来ないか見渡すために顔を上げると。

「ふんっっっっーーー!」 「んんんん〝ーーー!」と下から声が! 見ると顔を真っ赤にして気張っているではないですか!

「なんですとー!!」「ええええー!今あーーー!」と心の中で突っ込んでしまう私。そして、 「ふんっっっっーーー!プリプリバフウッー!!」 館内に響くぼんちゃんの声とオナラの音。

慌てる私、恥ずかしさもあったが、あまり利用した事がない館内。

トイレの場所すら分からん!そして彼専用のオムツ替えの出来るトイレを探さねば!

とりあえず、近くにいた別の職員さんに声をかけて事情を説明、席を外す事を伝える。 その間も気張るぼんちゃん。急がねば!

見渡すとトイレのマーク発見!急いで駆け込む。 そしてぼんちゃんを台に乗せる。そこには大仕事を終えたような清々しい顔のぼんちゃん。

それを見て一気に脱力しました。

オムツを替えて再び席に戻りましたが、職員さんにちょっと笑みを浮かべながら 「大丈夫でしたか?」と聞かれ申し訳なかった。 生理的現象なので仕方ないけど、静かな場所は辛い!男前な声が響いてたよ、ぼんちゃん。

私が一番パニクりました(泣) これから益々大きくなって、声の音量も上がってくるんだろうな。 気が抜けません(笑) 出来れば今度は静かな場所は避けて欲しい。そんな思いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村