ネコヤンブログ

40代専業主婦ネコヤンの日常と思い出話、日々の思いを綴ります

娘ちゃんのおしゃぶり(チュッチュ)卒業出来た理由。夢中になれる何かを見つけて楽しく脱チュッチュ!

娘ちゃんに「私の事も書いて!」とせがまれました(笑) なのでお付き合い頂ければ(笑)

もうすぐ3ヶ月になるぼんちゃんですが、とうとうチュッチュデビューしました。チュッチュとはおしゃぶりの事。

ぼんちゃん結構耳が良く、寝入りの時なんかは特に神経質。 テレビの音、誰かの咳払い、廊下を歩く音に反応して中々寝付けない。 ちょっと早いかと思いながらもチュッチュを買いました。

そのお陰で寝入りがだいぶ楽になったけれど、チュッチュといえば我が家では娘のイメージ。今思えば相当なチュッチュ依存でした。なので1歳を過ぎてもずっと手離さなかった。

どこ行くにもチュッチュ。服にホルダーをつけていつもウロウロしてました。 口から離す時は何かを食べる時だけ、慣れたもので自分でキュポンと外し、アムアムして食べ終わったらホルダーをたぐり寄せてまたチュッチュを装着。 「小さいながらに器用やな…」と微笑ましく見てた。

赤いチュッチュがトレードマークの娘ちゃん。可愛かったなあ (今も可愛いが…親バカだな…)

でもデメリットもあった。一番大変だったのが寝入りの時。

本気で寝るまでチュッチュを離さない。 親としてはそのまま寝かせるのは、息がつまるかも、歯並びに影響するかも、菌が繁殖しやすくなるかもなど心配事は多々あるので娘が寝入るのを待って毎回外すのだが、中々外せない。

寝入ってくると口からチュッチュが浮いてくる。そこをそーっと掴んでゆっくり外すのだが、ちょっとでも外すタイミングが早いと娘が起きてしまうのでチュッチュは再びお口に戻ってしまう。 そしてまた最初からやり直しになる。

(寝入る→浮く→外すのチャレンジ→失敗→浮いてくるのを待つ!) 何回も失敗した場合寝れない!しかも夜泣きの度にチャレンジはやってくるのだ。辛かった…。

1歳を過ぎ、どうやってチュッチュを外そうか悩んでいたら救いの神が! シリーズ初回「二人は〇〇キュア」が始まったのだ。娘は夢中なって見入っていた。段々とチュッチュをするのを忘れていき(その代わり〇〇キュアグッズが増えていったが…)脱チュッチュしたのだった。 (よかったー)

ちなみにみんなが好きなアンパンマンには見向きもしなかった。むしろ泣いた。理由を後で聞いたら 「昔のアンパンマンは今と違って目が死んでたから怖かった」と、 (そうなのか⁉︎)

今となってはいい思い出です。心配していた歯並びも悪くならなかった。 娘にその時の事を話したらうっすらと憶えているらしく、本人曰く

「なんか吸うのが楽しくてしてたわ」だそうです。 もう中学生になってますが記憶力良過ぎでしょ。

娘にとっては楽しいものがチュッチュから〇〇キュアに変わった事で卒業出来たようです。 子供さんによって楽しいものは違うからチュッチュが中々取れない子供ちゃんには、他に何か楽しい事を見つけてあげたら卒業できるかも! (個人差があるので参考までにしといてください。)

そして現在はぼんちゃんがチュッチュデビュー。またあの夜がやってくるのかと心配しましたが、大丈夫そうです。

彼は要らなくなったら寝てても自分で出します。(プッと) 姉弟でも随分違うようで…助かりました。

広告『みんなと同じベビーグッズは避けたい!そんなハイセンスなお母さん必見!』

世界のベンリ!な子育て道具、コントリビュート ショップ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村